ゲーム実況配信予告・状況
【不定期】マリオメーカー2[YouTube Live][ニコ生][Twitch]
【不定期】将棋(コミュ限)[ニコ生]

都道府県のアクセント

ことば考察

テレビ見ていてふと思ったことがあるので、書きます。

都道府県って、「都道府県」が付かない場合のアクセントはどこに付くかまちまちですよね。

京都は「↑きょ↓うと」、和歌山は「わ↑か↓やま」、というように、(方言などは除けば)だいたい1文字目か2文字目にアクセントが来ると思います。

でも「都道府県」が付く時は、アクセントはその手前に付くことが多いんだなって気づきました。

どういうことかと言うと、京都は前述のように「↑きょ↓うと」ですが、
「府」が付くと「きょう↑と↓ふ」になる、ということです。

もしくは「↑きょうと↓ふ」になったりもしますが、これも「↑きょ↓うと」とはちょっと変わります。

で、さらに気づいたのは、これに「産」が付いた時。

「産」の手前、つまり「県」にアクセントがついて、あがりっぱなしになるんですね。

滋賀の場合、「↑し↓が」が、「し↑が↓けん」になり、「しが↑けんさん」になる、という具合です。

ちなみに「府」、「都」の場合は、単語自体があがりっぱなしになる。

北海道産は、「ほっ↑かいどうさん」と、途中から上がりっぱなしです。

アクセントに重きを置かない日本語だから、これと違う言い方でも違和感があるってだけで事が済むけど。

同じ意味の単語の発音がこんなにころころ変わっちゃう、この要素1つ取っても日本語を勉強するのって大変なんだろうなーって思ってしまいますね。

タイトルとURLをコピーしました